2008年07月08日

どーする俺!

まずい!!

これは〜絶対まずい。わたしが手を出してはいけない本だったんだきっと。まずいまずいまずい、誰だーこんなもんに嵌るきっかけを作ったのはー!わたしだー!(自業自得ー!)

これは、ちょっと、ええと、どう、どうやって乗り越えていけばいいのか途方に暮れています。迷子です。ああ…。

そもそもが迷子に気持ちを入れすぎたのが間違いだった。絶対間違いだった。普通に読めば普通に面白い話だと思うんですよ、きっと。初期3巻だけであとはなかったことにしたりとかダメですか。だってもうこれをどう乗り切ればいいのですか。
このままでは数ヶ月間、下手すりゃ1年以上戻って来れないかもしれません。まずい、ひっじょーにまずい。
茶都〜碧くらいまでなら手に取れるかもしれない取れないかもしれない。紅梅〜青嵐はもう無理。無理無理。無理ったら無理!わたしこれに嵌ったのが琥珀出たあとで本当に良かった。お願いだから次を早く!話が進む、進まないじゃなくてもいいから、あの、安定期に入った二人を早く確認させてください…!!(懇願…!)

これはほら、補給とかそういうレベルじゃないんだよ…。頼むよ…。青嵐で挫折しなかった先達者の皆様に心から敬意を表します。(ぐす)
あと伏線が張り巡らされすぎてて疲れる。(^^;
posted by なぎこ at 03:19| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

吏部愛

最近、キャラでもなんでもなく、吏部が好き。部署萌えという新たな境地を開拓しましたかんなぎです。
人外魔境尚書と鬼畜侍郎の元でこき使われて人格改造までされちゃって悪鬼と化してる吏部官吏が大好き。墨壷投げたり筆投げたり硯投げたり書類で足の踏み場もなかったり完徹しちゃったり三日連続泊り込みだったりして、もはや労働基準法?公休?なにそれおいしいの?ていうか仕事しろや尚書コノヤロー!こんなもん終わるかァァァ!と絶叫しながらも仕事している彼らの惨状、じゃない日常が大好きです。


それとようやっと、個人的ふじょし視点としては落ち着くところに落ち着きましたやはり双花でした。何こいつら絶対もうデキてる。
あと楊修の人気が(一部で)絶大でわたしも現在まんまとそれに引っかかってます。あのビジュアル反則だよね!好きなもの絳攸だしね!双花+楊修に萌。双花+黎深も萌。ていうか絳攸がひたすらに構い倒されて楸瑛が敵視されてるというシチュが大好き。だから珀絳も好き。先は果てしなく長く遠く高く険しいぞお兄…。がんばれ!☆

しかし以前、身内で流行った(?)ときにはわたしほとんど見向きもしなかったのに(当時は声がグリーンリバーでしかも「お嬢様!」呼びに萌えていたので静蘭(わりと白に近いと信じてた)が一番好きでした)、勢いとは恐ろしいものです。しみじみ。
一体なにが琴線に触れたのかしら…とか考えてみてたんですが(基本、触発されやすい体質なのでいろんなところに落とし穴がある己の萌性質)、特に「緑風」やら「青嵐」あたりをいっさい手に取れない自分に気付いてああこれかと思い当たりました。いやそれ以前もまだ全然手ぇつけてないんだけども。
お兄の文官退官と花菖蒲返上がさりげなく効いているらしい…。何も言われずに置いていかれる気持ちをちったあ自覚しろこのヘタレ将軍め…。(でもこの事実があることが私的萌えポイント)(離れて気付く愛)(笑)
とりあえず、元侍郎と元将軍が今後どこに落ち着くかが定まらないと不安定でどーしょーもないので、早めの新刊期待してます!(切実)

ちなみに、今頃吏部は「いきなりいなくなりやがって何考えてんだ時期考えろ御史台!つーか余計な仕事ふやしやがってふざけんなクソ尚書にボケ侍郎ぉぉぉぉ!仕事回らねーじゃねーかこのやろォォ!たまには人間らしい生活させろってんだアホー!」とか叫びながら仕事に追われてるといいと思います。(前に、泣いて縋るとか言ってたけど悪鬼はそれどころじゃすまないということに思い至りますます吏部が好きになりました)
後任誰が来るんでしょうね。
posted by なぎこ at 05:58| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

勢いってこわいなぁ




いい加減、原作を知らねばならんだろう、ということで風子姉さんにお願いしたら貰っちゃったvありがとう!!
とりあえず、一番最初の『紅』を読んだあとに、『白虹』と『琥珀』も斜め読み。夢の中でも迷子。なんかもう、このシリーズのなかで皆からの愛されっぷりはあんた間違いなく一番だよ、絳攸。という気分になりました。(笑)
ほんとに愛されてんなー。嬉しいです。吏部官吏は泣いて縋るだろうなー。だってたぶん、あそこの職場の人尚書と侍郎大好きだったに違いないもん。(人格改造済)

これでとっかかりと気になる話はさらーと理解できたので、これから一冊ずつ読んでいきたいと思います。本、ありがとう風子姉さん。

ところで、『紅』では静蘭そこそこまともな人だったのに、どこで性格捻じ曲がっちゃったんだろう。なぜにあそこまで腹黒に?(笑)
posted by なぎこ at 02:20| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月18日

「やっと見つけた…」





ほんとにやっと見つけたよー!

ふらりと入った本屋で、たまたま気紛れで覗いたら置いてありました。いつもはコミックコーナーほとんど寄らないのに…。見てよかった。ほんと、ずーっと待ってました。あらすじの出だしが「やっと見つけた…」だったので、思わずそりゃこっちの台詞じゃーとか突っ込みたくなった。(笑)

てことでゴーストハント10巻、最終章に突入だそうです。今回さらっといろんな設定が出てきてるので「ナル」のこと諸々、ついていくのにいっぱいいっぱいです。私としてはジョンが気になるところ。
あと、ぼーさんとか皆がナルの断片的なことを勘付いてる(?)みたいで、ちょっと麻衣がかわいそーだなぁとか思ったり思わなかったり。知らなくていいことかもしれないとはいえ、なぁ…。

そしていつものように怖いです。いなださん本当にイラスト綺麗でびっくりするんですが、その分ものすごく怖いんです。まだ事件の方も解決してないのでまともに読めません。ヘルペスミー。

そして、いつものごとく続きます。
お、お願い今度こそ早く続きを出してください…。

あとリンさんが活躍してくれるとすごく嬉しいなー。(個人的希望)
posted by なぎこ at 23:59| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。